メリットを理解しての言動

個人事業主が法人化することのメリットについては、さまざまなことがあげられる。法人になることによって、信用度合が増すことになり、銀行などの金融機関からの融資が受けやすくなることがあげられる。また、税金面などにおいては、その負担が増えることにもなるが、大きな企業との連携もしやすくなることから、スケールメリットを享受することができるようになる。

個人事業主という立場は、ある意味では、とても気楽な立場ということができる。資金提供や技術供与、教育支援などを受けるということは、難しいとされるが、その分、しがらみや大企業からの圧力などがかかることは少ないといえる。個人でいることと法人になることの違いについて、徹底的に理解を深めることが有用性があるといえるだろう。個人事業主が、実際に法人化する場合については、さまざまな手続きが発生することも念頭におくべきといえる。業種業態によっても異なるが、監督官庁や自治体への提出書類や諸々の手続きなどが必要になることから、専門家の力を借りるなどして、行うことになる。いってみれば、法人としてのお墨付きをもらうのである。

最初については、煩雑とも思えるが、一度通過すれば、後は楽になるといえる。法人化することによるメリットについては、新規開拓といった面でもプラスにはたらくといえる。名刺に株式会社などの記載があれば、その信用力は格段に上がるといえる。長期的な視点に立って考えるべ必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*